恋愛における「いい人どまり」の正体 vol.2

      2018/05/30

どうも、サカモト ユウです。

 

まずは、「いい人どまり」を脱却するためには、、「いい人どまり」の正体を理解することから始める必要があります。

 

今回は、そのいい人どまりの正体を解き明かしていきます。

 

 

いきなり厳しい現実を突きつけてしまうかもしれませんが、

女性にとって「いい人」と言われてしまう人は、女性にとって「どうでもいい人」です。

 

 

いい人=どうでもいい人

 

 

つまり、その女性にとって「どうでもいい人」であり、「何も影響を受けない人」

 

だから、その女性にとって必要ない。

 

当然、恋愛対象には入らない。

 

悲しいですよね。

 

でもこれが現実です。

 

では、なぜ女性にとって「どうでもいい人」という枠に入ってしまうのか。

それは、、

 

 

いい人どまりの男性は、その女性よりもステータスが低いから。

 

勘違いしてはいけないのが、

 

ここでいうステータスというのは、ルックスや社会的地位、お金を持っているか等ではありません。

 

ステータス=目には見えない、男女間の地位や主導権のようなイメージ。

 

ステータスは、様々な要素で変動しますが、大きく影響を与えるのは、その男性のマインド行動。

 

いい人どまりの男性は、いい人どまりの男性特有のマインドがあり、それによってステータスを下げる行動をしています。

 

 

例えば以下のようなマインドと行動。

 

<マインド>

 

①女性に認められたい

 

②女性に好かれたい

 

③女性に誠実でいい人と思われたい

 

④目の前の女性をなんとしても物にしたいと思って、大事にする

 

<行動>

 

①仕事での自慢話や過去の武勇伝を話す

 

②女性の目や意見を気にする

 

③女性を怒らせないように注意を払い、機嫌を伺う

 

④女性に奉仕しようとする

 

⑤頻繁にLINEや電話で連絡取る

 

⑥常に自信がなく、態度が弱々しい

 

こんな感じでしょうか。

 

これらのマインドと行動により、一気に相手の女性より自分のステータスを下げてしまいます。

 

そして、一気に恋愛対象外のゾーンへ吹っ飛びます。

 

いい人どまりから脱却するためには、この逆をいけばいいわけですが、

 

そんな簡単にはいきません。

 

下手すると、単なる「嫌なヤツ」になってしまいます。

 

次回は、いい人どまりを脱却するための、魅力的な男特有のマインドとそこから生み出されるマインドについてお伝えしていきます。

 

ではでは。

 

 - 恋愛