恋愛における「いい人どまりの男」を脱却する方法 -実践編-

      2018/06/03

どうも、サカモト ユウです。

 

本日は、恋愛における「いい人どまり」を脱却する方法「実践編」。

 

これまで、「いい人どまりの男」の正体や、それを脱却するためのマインド、理論についてお伝えしてきました。

 

 

今回は、それに基づいた「実践編」になります。

 

 

主に、初対面~デートで使える実践的な方法です。

※いい人どまりの烙印を押されるか、そうでない「いい男」としてみられるかは、初対面~1回目のデートでほぼ決まってしまいます。(相手が魅力的な女性であればあるほど)

 

 

 

では、早速いきましょう。

 

 

①堂々としたアイコンタクト

→これができると、相手の女性は、「自信」を感じます。優しいだけのいい人どまりになってしまう男性は、ほとんどアイコンタクトが弱いので、差別化が図れます。

 

 

②適度ないじり、からかい

→少しテクニック的になってしまいますが、「いい人どまり」の男性は、相手の女性に気に入られようとするので、いじったりからかったりすることは、まずできないです。適度なバランスで、Sっ気を出し、いじって、からってみましょう。

 

※褒めと合わせても効果的です。ここでいう褒めは、認められようとする褒め(綺麗ですね、可愛いね)とは違います。

※身体的なことにフォーカスするのは避けた方がいいです。

 

(例)1

男「無駄にオシャレだね。笑」

女性「無駄にって余計だし!笑」

 

(例)2

女性「昨日、友達と飲んでたんだよね-」

男「え、友達いたの?笑」

女性「いるし!!笑」

 

(例)3

男「あのさ、、ちょっと言いづらいんだけど」

女性「え、何何?」

男「やっぱいいや」

女性「え、気になるから早く!」

男「・・・口にご飯粒ついてるよ笑」

女性「え!(焦)どこ? ついてないし!笑」

男「冗談だよ笑」

女性「変な間とかやめてよ!笑」

男「焦ってる顔は可愛いね笑」

女性「普段は可愛くないのかよ!笑」

 

 

(例4) (ある程度関係性ができてきている状態で)

男「てか、性欲強いでしょ?」(真顔)

女性「は?笑 勝手に決めないでよ(照)」

男「なに照れてんの?」真顔→軽く微笑む

 

※この感じ伝わるでしょうか?確実に、男側がステータスが上であり、主導権を握っています。いい人どまりの男性は、このような会話はまずできないです。自分が超タイプな美人相手にできるかどうか想像してみると分かりやすいかもしれません。笑

 

 

 

③要所でリードする

ここでいう要所とは、デートの誘い、デートの場所、手を繋ぐ、キスをするなど。

当たり前のように自然に男がリードします。

 

ここですよね。これができるから「男」なんです違。

 

ガツガツ追いかけることはしないが、要所は完全にリードする。このバランスが大事。

 

特に、手を繋げるかどうかは、いい人で終わるか、いい男としてみられるかの大きな分かれ目になりやすいですね。いい人どまりの男性とは手は繋ぎませんから。

 

 

 

④インダイレクト

相手の女性からの質問に対し、まともに答えるのではなく、興味を残す。

いい人止まりで終わる男の特徴として、簡単に相手の要求を満たしてしまう傾向があり、相手にとって「興味・関心」がわかない。

女性は、「興味・関心」というフェーズを経ないと、先に進みません。

 

(例)1

女性「彼女とかいるの?」

男「え?それ興味ある?」※俺にそれを聞くってことは、俺に関心があるって言ってるようなもんだけどいいの?っている意味です。

(例)2

女性「仕事なにしてるの?」

男性「仕事してるようにみえる?笑」

(例)3

女性「てか何歳?」

男「ダルビッシュ有と同い年。」(真顔)

女性「ダルビッシュの年齢わかんないし!笑」

男「いやいや、ダルビッシュの年齢くらい知っとけよ。笑 球界の宝だぞ。笑」

 

 

よく立ち飲みバーや、ピックアップでの連れ出し後などで、このような質問は想定されるので、すぐにまともに答えない方が、相手の女性からすると、自分の思い通りにならないステータスが高い男、興味深い男として印象に残ります。

 

以上、実践的な部分で重要な要素を挙げてみました。①のアイコンタクトと合わせて、態度全体も余裕があって堂々としている雰囲気は必須です。

 

結局、モテそうと思われ、一瞬で男と認識される男と、いい人止まりの男の違いは、突き詰めれば「雰囲気」です。

 

要所でのリードは、とにかく場数を踏む必要があると思います。

 

そして、いざリードするときには、「この女性以外にも魅力的な女性はいくらでもいる」というくらいのマインドで大丈夫です。

 

いじり、からかい、インダイレクトのスキルについては、会話で小さくテストしてみてくださいね。

 

 

「いい人どまりの男」を脱却することは、意外と難しくはないんです。

 

すべて自分のマインドとスキルで解決できます。

 

女性から「いい人どまり」にみられる自分とはもう決別しましょう。

 

必ず実践すれば、スキルとして身に付きます。

 

やるかやらないか。

 

すべては行動から。

 

ではでは。

 - 恋愛