モテる男は知っている -女性の本能と深層心理- vol.1

      2018/06/03

どうも、サカモト ユウです。

 

「モテたい。」

 

男なら誰しも持っている本能的欲求。

 

では、モテるためには何をしたらいいの?

 

ネット上にも様々な情報が溢れていて、もはや何を信じればいいか分からないですよね。

 

そして、様々なネット上の情報をみていると、やはり表面的なテクニックの話が多いように感じます。

でも大事なのは、「本質」です。

 

 

このシリーズでは、モテる男になるための成功法則として、「女性の本能と深層心理」について考えていこうと思います。

 

まず、モテる男(魅力をもった男)になるためには、2つのベクトルがあると思っています。

それは、

 

①自分自身の価値を高める

 

 

②女性の深層心理を理解する

 

 

①については、継続した努力の積み重ねが必要ですよね。僕自身も日々努力しています。

ですが、②は比較的早く効果がでる分野。

 

 

今日はその第一歩。

ではいきましょう。

 

 

女性の本能と深層心理。

ひとつめ。

 

 

1「優秀な遺伝子を残すという使命」

 

女性の役割は、優秀な遺伝子を残すこと。つまり、より優秀な男性の子供を産むこと。

これが何を意味するか。

簡単ですよね。

モテるため(女性から求められるため)には、男として優秀であること、遺伝子的に優秀だと感じさせることが必要ってことです。

じゃあ、男としてどう在れば、女性からみて優秀な男、遺伝子的に優秀だと思われるのか。

僕が重要だと考えるのは、大きく分けると、以下の要素。

 

 

①自信

 

②決断力

 

③リーダーシップ

 

④優しさ

 

⑤自分の人生における明確な目的を提示する

 

 

少し抽象的ですが、これを女性とのデートに置き換えてみましょうか。笑

 

①自信

→常に自分に自信があるので、相手の女性よりステータスを下げるような発言や言動がない、媚びたり、やたら外見を褒めたりしない。

 

②決断力

→待ち合わせ場所や時間、お店をスパっと決める。メニューを見てダラダラ悩んだりしない。

 

③リーダーシップ

→自分と女性の2人のグループとして考えれば、重要な場面でリスクを取り、リードすること。デートの誘い、手を繋ぐ、キスをする。すべて男がリードする。

 

④優しさ

→女性が求める本当の優しさというものを理解し、その女性の人生に貢献する。例えば、仕事で悩んでいるとすれば、その根底にある葛藤やストレスに共感し、最終的には前向きな気持ちにさせてあげる。ご飯をおごったり、荷物を持ってあげたりするのが優しさではありません。

 

⑤自分の人生における明確な目的を提示する

→自分がどうなりたいのか、そのために何をしているのか、自分自身の人生のおける使命はなにか?それがはっきりわかっている男性は、とても魅力的にうつります。

 

 

どうでしょうか。

テクニック的要素はほとんど入っていません。女性の本能と深層心理に基づいた考え方です。

 

 

次回もお楽しみに。

ではでは。

 - Pick Up (ストリートナンパ), 恋愛, 結婚