-ステージを上げる階段は認識領域の外側にある-

      2017/08/20

うも、サカモト ユウです。

最近、僕のコンサルを受けてくださった方の年齢が、2人続けて20代前半の方でした。

20代前半にして、男としての成長や現実を変えていくことに挑戦し、そこに自己投資している姿勢は本当にすごいですよね。その姿勢があれば、必ず結果はついてくると思います。

僕が20代前半の頃なんて、何も考えずに大学をサボってはバイト三昧。

大学まで行って、授業に出席せずに、食堂でダラダラ携帯いじって帰ってくる、みたいな日もありましたからね。笑

そして、バイト先の年上の保育士(加藤ローサに激似)にもてあそばれ、重度の女性不信に陥ったのも、今ではいい思い出(笑)。(あの頃は本当にヘタレでしたね)

てか、加藤ローサってめっきりTVにでなくなりましたね。

まあ、どうでもいいか。笑

 

さて、本題に入ります。

このブログを見てくださっている方は、僕と同じように、分野は多少違ったりしても、目指すべきステージがあるはずです。

そして、冷静に考えれば当然のことですが、そのステージに辿りつくためには、一つ一つ階段を上るしかないわけで。。

ただ、、

その階段すら、どこにあるか分からず、迷走してしまうってことがあります。

これ、めっちゃ怖いやつです。

なぜか。

それは、のぼるべき階段の場所に気づいていないってことがあるから。

自分は必死に階段をのぼろうとしているけど、そこに階段はなくて、実は、同じ高さのフロアを走りまわっているだけ。

努力しても努力しても、ほとんど結果が変わらない。なぜなら、同じフロアをぐるぐる走っているだけだから。

そんなとき、成長のための階段は、自分がみている認識領域の外側にあることが多い。

「そんな考え方があったのか!」

「そういう感覚だったのか!」

「だから今までうまくいかなかったのか!」

こういった気づきが、自分の認識領域の外側に階段見つけたということ。

 

自分では必死に努力しているつもりでも、実は階段にすら辿りついていなくて、ぐるぐる迷走。

じゃあ、認識領域の外側にある階段はどうやって見つけるのか?

それは、

自分よりも経験値が高い人、高いステージで活躍している人、コンサルティングをしている人と「実際に直接会って、スキルを得る」ということ。

これ以外にないっすよ。

 

今回はなんでこんな話をしているかというと、

来週末にずっとお会いしみたいと思っていた方に直接お会いできる機会がもてたからです。

僕は今、少しでも現実を変えたいと願う方に、いくつかの内容でコンサルティングをさせて頂く立場になりましたが、当然自分自身もまだまだ成長過程なので、価値観やコンサルティングの内容に共感でき、この人に会ってみたい!と思った方には、できる限り会うようにしています。

自分が今までの日常では出会わなかった人に実際に会う、スキルを学ぶ、自己投資する、これらをなしに、自己流でやっていくには時間もコストもかかり過ぎます。

多くの人は、お金をかけずになんとか効率よく結果を出したいと願う。

気持ちはわかりますが、結果的にお金も時間も損します。

自分より高いスキルを持っている人に実際に会い、経験から導き出されるスキルを買う。

その「人間関係に自己投資」する。

これが、実は一番のお金と時間の節約になる。

僕の友人は、「あの人」に実際にお会いしたことがあるそうで

常人の域を超えた存在感を放っているとのこと。笑

楽しみですね。

ではでは。

 

 

講習、コンサルティングに関するお問い合わせは以下まで。

※年齢や収入状況等に応じて、費用もご相談の上で決めさせて頂いています。「講習やコンサルティングを受けたいと思っているが、世の中の多くの講習やコンサルティングは、費用が高過ぎて受けられないでいる」という方は、お気軽にご相談ください。「本気」で現実を変えたいと考えている方には、できる限り力になりたいと思います。

※7月の講習、コンサルティングはすでに埋まってしまっていますので、新規の方は8月以降となります。ご了承ください。

※内容についてのご質問も以下までお問い合わせください。

yusakamoto111@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - Pick Up(ナンパ), ビジネス, モデリング, 恋愛