バンゲできたのに『LINE』が続かない理由。

      2017/08/20

うも、サカモト ユウです。

8月のコンサル予定もおおよそ埋まってきており、大変嬉しく思います。

※現在、コンサルの受講を検討されている方、お問い合わせ頂いている方へ。早くて9月上旬からの対応となりますので、ご了承ください。

最近思うのは、僕の講習・コンサルを希望してくださって、実際にお会いした受講生と過ごす時間がとても刺激的で楽しすぎます。ともに現実を変えていくっていう最高の時間。

僕のブログは、対女性との創出や対女性との関係を克服することは、あくまで目指すステージの通過点として捉えており、対女性に限らず、人生で最も重要といえるコミュニケーションスキルや具体的な自信構築の方法、ボディランゲージスキルなどもお伝えしているせいか、受講生の方も本当に真剣に現実を変えていくんだという気持ちを持った方が多いです。講習の内容は対女性のものであっても、最終的には男して目指すステージに行きたいっていう目的を持っている方達です。

現実を変える=人生の醍醐味。

僕もまだヘタレだった頃、思い切ってコンサルやセミナーを申し込んだときの緊張感や不安は今でも覚えています。

でもその決断は、現実を変えるためには絶対に避けて通れない部分だったと思います。

最初は、お金もったいないかなー、内容がいまいちだったらどうしよう・・とかいろいろ考えましたけど、結果、最短で成長してこれたと思います。

自力でやれば、結局、何倍もの時間と労力を奪われる。当たり前ですけど。

普段しないような決断=成長のきっかけ。

 

さて、今日はタイトル通り、「バンゲしたのにLINEが続かない理由」について。

一緒に合同企画でコンサルもさせてもらっているレンジさんともよく「LINE問題」について話すのと、受講生にもよくLINEについていろいろとお伝えしているので、今回テーマとして取り上げてみました。

PUでも合コンでも、なんでもいいですけど、新しく女性と出会った場合で、連絡先が交換できたからと言って、そこで喜んでたって仕方ないっすよね。その後LINEが続いて、アポに繋がらなければ、ただのLINEコレクターに終わります。

そして、ここでつまづく方が結構多いですよね。

PUにも慣れてきて、安定してバンゲができるようになった。

だがしかし、なかなかアポに繋がらない。

なぜなら、LINEの返信が来ないor途中で返信が来なくなる。

なぜか。

文章の内容が問題か?

もちろん、明らかに変な文章や長文を送ったりすればそうなるでしょうけど、本質的な理由は違います。

返信が来ないor途中で返信が途絶えた場合、相手の女性はこんな気持ちです。

「連絡先は交換したけど、興味ないな。ブロックしとこ」

「あー連絡来たわ。2、3回は適当に返しとくか」

つまり、、

連絡先を交換した場面で、ほぼ勝負は決まっている。

なので、交換した場面で、相手から興味を持たれていれば、どんな内容でれ、よっぽど変な内容でない限り、返信は来ますし、アポに繋がる。

 

なので、連絡先交換の時点でいかにインパクトを残し、相手に自分という人間を印象づけられるか。

別な記事でも書いたかもしれませんが、女性は男性と違って、いきなり「Hしたい」とか「好き!!」とかならないですから、いかに「好印象」かつ「興味・関心」を引き出すか。

そこで大事になるのはなんだと思いますか?

色々な答えや要素があるかと思います。自信に満ちた表情とボディランゲージ、ユーモア溢れるトークなど。でも一番重要な要素はこれだと僕は思ってます。

それは、、

 

「ギャップ」

 

これです。

さらに詳しく言うと「プラスのギャップ」。

マイナスなギャップは最悪なんで。

 

ギャップは今ある自分の要素からしか生み出せません。

なので、見た目を改善したり、トークの雰囲気を変えたり、いろいろ工夫が必要です。

僕自身がとっていたスタイルは、

最初のトークや雰囲気は女性慣れしていて、遊び慣れている感を出しながら(出すというより自然にそんな感じになってますが。隠そうとしてもばれますし)、仕事の話や恋愛観等の話になるとかなり真面目な意見を言ったり、家族思いな一面を出したりとかですかね。割りとクールで冷めてるみたいな雰囲気でも見られることが多いので、仕事に対する熱さを魅せたりとか。

PUで言えば、最初のアプローチからしばらくは慣れてる感じでイケイケな感じを出しつつ、相手が仕事の話を振ってきたところで「職業」を言う。医療系の専門職なので、「え、こんな感じの人が??笑」みたいに相手は印象に残りやすく、軽いギャップを感じます、※PUの場合、ゆっくりデートで話す場面とは異なるので、深いギャップは生み出せないにしても、自分の外見、雰囲気、職業等の魅せ方を工夫することにより、軽いギャップはつくれます。

 

とにかく、ギャップを意識してみると結果は大きく変わってくると思います。

 

次回の記事では、「なぜ女性はギャップに惹かれるのか?」というテーマで考察してみたいと思います。

いや、知ってるし!って方は、見なくてもいいです。笑

すぐに即答できない方は、是非、見て下さい。笑

あ、ここまで読んで頂いて、「おい、LINEのテクニックを教えてくれるのかと思ったのに!」って思われた方もなかにはいるかも知れないので、そう思われた方へ。笑

Q.PUでバンゲした場合(夜と仮定した場合)の最初のLINEのタイミングとして、いつが良いのか?

A.翌日の昼~夕方

※まあ、しっかりと魅力が伝わってればいつでもいいと思いますが、それほど食いつきがない中でバンゲした場合などは、翌日ぐらいで全然いいと思います。あくまで個人的な経験に基づく見解ですが。

ではでは。

 

 

 

 - Pick Up(ナンパ), コミュニケーションの基本, ボディランゲージ, 会話, 恋愛, 自信構築