初回デートで食いつきをあげる男の立ち振る舞い vol.2

      2017/12/30

うも、サカモト ユウです。

台風がやっと過ぎ去りましたが、皆さんの地域では被害はなかったでしょうか?

僕の地域は幸い被害はなく、ようやく本業の方が落ち着いてきたため、こうしてブログも書くことができている次第です。

 

あ、それと、何の脈略もないのですが、、

対女性に関して、なかなかうまくいかない、最近スランプぎみだという方へ。

「今関わっている人を深く観察し、理解し、その人にとってプラスになることは何か?」を考えてみてください。

 

自分のことばっかり考えるのではなくて。

 

自分がどう見られるかばかり考えるのではなくて。

 

自分が満たしたい結果ばかり追い求めるのではなくて。

 

そして、自分との時間を共有してくれることに敬意を払い、感謝の念を忘れないようにしてみてください。

自ずと結果が変わってくるはず。

 

 

 

さて、本題に入る前に、僕が運営しているコミュティ内で話があがったことについても少し共有したいと思います。

 

あなたは、就職の際の採用面接を受けたことがあるでしょうか?

おそらく社会人であれば、一度は経験しているはず。

あの場面を少し想像してみてください。(※個人面接を想定して)

イスがひとつ置かれ、あなたはそこに座り、目の前には企業のお偉いさん方が数人並んでいる。

そして、いろいろと質問をされる。

それに対して一生懸命に答える。

この時、

あなたが対峙する敵は誰か??

 

多くの人は、目の前のお偉いさん方だと思っていますよね。

目の前にいるんですから。笑

でも、実際は違う。

あなたが闘っている相手は、そこにはいない、

「他の就活生」。

つまり、他の就活生と差別化を図らなければ、印象には残らない。

はい。

もう感性が鋭い方はもうお気づきかと。

対女性とのデートにおいて、実は闘っているのは、その女性が普段接している男達。

その男達と比較して、どれだけ差別化をはかることができるか。

そう考えると、どこに力を入れるべきかも冷静に見えてきます。

例えばファッション。

分かりやすいですよね。トークとか以前に、一気に普通レベルの男性を追い越すことができる。

 

 

と、前置きはこの辺にして。

本題に入ります!

本日は、このシリーズ2回目。

「待ち合わせ~お店に入るまで」編。

 

待ち合わせ~お店に入るまでなんて、そんな特別気をつけることなんてないっしょって思われた方。

あるんです。いろいろと。笑

 

まず、待ち合わせの場面。

初回アポで待ち合わせ。

これってどういうことかわかるでしょうか?

 

お互いに一番緊張している場面ってことです。

もちろん、ドキドキしやばい!!っていう緊張ではなく、少なからず雰囲気的にお互いに緊張する場面ってことです。

そこで、どう立ち振る舞うかが問われる。

 

まず、一番最悪な対応から。

緊張から相手の目を見れず、照れた感じで笑いながらごかますタイプの男。

これ、結構やっている人多いですよ。

 

なので、ここでとるべき対応やボディランゲージとしては、

しっかりと相手の目を見て、リラックスした余裕のある表情。(できれば軽く微笑む感じで)

そして、すぐに相手を笑わせてリラックスさせるようなトークを用意しておく。

 

(例)

男「お疲れ!待った?」

女「お疲れ!ちょっと待ったよ」

男「待ち焦がれた??笑」

女「待ち焦がれてはいない!笑」

 

(例)

男「お待たせ!」

女「お疲れ様!」

男「オーラやばいから100メートル先からでもすぐ分かったわ」

女「絶対、ウソ!笑」

 

このくらいのレベルでも女性は笑ってくれますから。女性の笑いの沸点って割と低いので。

 

後は、待ち合わせ場所につく直前に、男側から女性に電話をかけ

男「もうすぐ着くよ!着いた??」

女「うん、着いてるよ!」

男「じゃ、わかりやすいように、オーラ全開にしてもらっていい?笑」

女「いや、無理!!笑」

とか。

 

これで食いつきどうこうってことではなくて、

緊張しやすい待ち合わせの場面を和ませてあげるっている男側の余裕と気配り。相手主体での思考。

かっこつけてクールぶって行っても、雰囲気が固くなるだけ。

そして、待ち合わせ場面で心理的に優位に立てれば、その後の試合も楽でしょ。笑

 

さらにもうひとつ。

PUでバンゲしてアポの場合。

バンゲした時は、スーパーサイヤ人モードみたいな感じで、テンション高い印象を与えていたにも関わらず、アポになってみたら、めちゃくちゃテンション低めで落ち着いてたりすると、相手も「え?こんな感じだったっけ?」ってなります。

これ結構多いと思いますよ。

 

後は、お店まで一緒に行くときはスムーズにリードしながら。

当たり前ですけどね。

どこだっけ?とかオドオドしてたら、頼りないですしね。

 

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした細かな対応や立ち振る舞いで、いかにその女性の背後にいる男性との差別化を図れるか。

その積み重ねが相手の食いつきにも繋がるわけです。

 

ではでは。

 

 

 

 

 - Pick Up(ナンパ), 恋愛