初回デートで食いつきをあげる男の立ち振る舞い vol.5 

      2017/12/30

うも、サカモト ユウです。

 

いきなりなんですが、今からすごく大切なことをお伝えしておきたいと思います。

特に「対女性」についてです。

これに気づかなければ、間違った努力を重ねるだけで、結果は大きく変わらないと思います。

具体例を出して説明していきますね。

 

28歳 A君。

都内の大手商社に勤務。

今まで何人かの彼女とも付き合ってきたし、コミュニケーション能力も人並みになる。ルックスも特別悪くない。

直近の彼女とは半年前にケンカ別れしていて、フリー。

早く美人な彼女が欲しいし、彼女を探しつつ、イイ女がいたら遊びたい。

そこで、職場の同僚と毎週末、銀座のコリドー通りや300円バー、恵比寿横丁、相席屋などに繰り出すようになった。

そこでA君は、大きな壁にぶつかる。

LINEは交換できるけど、アポに繋がらない。

たまにアポが取れても、一定のレベル以上の女性になると一回のデートで足切される。

たまーに酔った勢いで、どうでもいいような女性とワンナイト。笑

いろんな恋愛やナンパ関連のブログを読み漁り、ある程度トークもできるようになった。

女性心理やノウハウもある程度覚えた。

以前よりレベルアップして、また毎週のように出会いの場へ繰り出す。

すると、以前よりは効果は見られ、クロージングも時々できるようになった。

でも、その後、A君と逢いたいと言ってくれる女性はほとんどいない。

ふと立ち止まって考えると、LINEには、音信不通になった女性ばかり。

かなりの数の女性と知り合ったはずなのに。

ノウハウも勉強したのに。

なぜ??

 

その答えは。。

 

A君は、多少恋愛やナンパに関するノウハウは身に着けたかもしれないが、A君自身の女性からみた男としての価値やA君自身のセルフイメージはほとんど変わっていないから。

A君の女性からみた男としての価値やA君自身のセルフイメージをお金に変えて考えてみます。

とりあえずA君=1000円とします。

 

吉野家の牛丼(並)を食べるのに、いくらかかりますか?

400円弱ですよね。余裕で食べれる。

じゃあ、銀座の高級鉄板焼きでお腹いっぱい食べようとしたら?

3万~4万ぐらいいくのかな?笑 足りない。。

 

吉野屋の牛丼=どうでもいいようなモテない女性 (吉野家さん、すみません。僕は吉野家が大好きです。笑)

銀座の高級鉄板焼き=美女

 

で、A君はノウハウは多少覚えたけど、価値やセルフイメージは変わっていないため、持っているお金は1000円のまま!

だから、何回出会いの場に繰り出したとしても、1000円以内の料理しか食べれない!!

 

うまく伝わったでしょうか?笑

 

だから、今関わることができる女性のレベルを引き上げるには、ノウハウを覚えるだけでは絶対に無理。

いくら出会いの場に繰り出しても無理。

 

自分の価値を高める努力が必要。

いくらでもでてきます。

顔は変えることはできなくても、髪型、眉毛、ファッション、体型などのルックスの改善はいくらでも可能。

セルフイメージをあげるために、まずは今関わっている女性と本当に楽しませることで、本気で喜んでもらい、結果女性から求められることで、セルフイメージは上がります。

魅力的なボディランゲージや声をモデリングすることで、他の男と一気に差別化を図る。

仕事に思いっきり打ち込み、プレゼンや学会発表などで成功することでセルフイメージをあげる。

職場の周囲の人間を大切にする。

本を読む。

自分の人生観や結婚観、仕事観、恋愛観を深く考察してみる。

短時間で最短距離でゲットするための小手先のテクニックではなく、本当に女性が悦ぶ、興奮するようなトークを身に着ける。

・・・

そんな地道な努力、めんどくせー!!

って思ったかもしれません。

でも、対女性のことで困らなくなる、自分の理想と言える女性と深く関わるには、この道しかないわけです。

で、コンサルでは、この具体的な道筋をお伝えさせて頂いたりしてます。

もちろん、価値の高いノウハウも伝えますけど。

 

本物の美女に関しては、まぐれはない。

 

と、いきなり熱い感じになってしまい、申し訳ありません。笑

 

今回は、このシリーズ最終章。やっときましたね。笑

最後は「LINE全般」編。

 

LINEについては、以前にも一度、これだけは押さえておこうぜっていう内容を書いているので、再度目を通して頂ければと思います。

LINEのトリセツ

上の記事で書いた内容を原則とした上で、今回のテーマである初回アポ前後のLINEについて解説します。

まず連絡先交換後~アポ取り付けまで。

これについて悩む方も多いかと思います。

が、大前提として、会っている場面での印象やインパクトに帰属する!ということは前にもお話しました。

会っている場面で全く印象に残っていない、もしくは足切りされていれば、返信がないorフェードアウト。

ひとまず、それをクリアしている場合、返信があります。

ここからアポを取り付けるまでのコツは、、

会っている時の食いつき具合や話した量、距離感を慎重に振り返った上で、アポ打診のタイミングを考慮するということ。

つまり、あまり話せなった場面でとりあえずバンゲした場合や、会っている場面であまり距離感が縮まっていないまま連絡先を交換した場合、、

「すぐにアポ打診をしない」

目安として、4,5日から1週間弱はラリーしてからが望ましい。

こういったケースは早く打診しても、ほとんどうまくいきません。

逆に、会っている場面で食いつきが良かったり、じっくり話せて盛り上がった場合、さらには会っている場面でアポ打診をしていた場合(今後、~行こうよ)は、早めの打診でも問題ないです。

もうひとつのコツは、、

「漠然とした誘い方ではなく、理由付けをしながら具体的に誘う

例えば、

「ね、今後の金曜、飲みにいかない?」

これがよくやりがちな最悪やーつ。笑 別な記事にも書いた気がします。

理由付けをしながら具体的に誘うというのは、、

(例)

(男)よく銀座あたりで飲む?

(女)たまに友だちと飲みに行くよー ^^) 銀座行く?

(男)俺もたまに! あ、前に先輩に連れて行ってもらった銀座のイタリアンがすごいうまかった!

(女)イタリアン好きー、ワインも好き♪ どこらへん??

(男)教えない。笑

(女)ひどい(笑)

(男)コリドーあたりだったかな。

(女)あの辺、美味しいお店多いもんねー!

(男)多いよね。久しぶりにあの店行きたくなってきた(笑)一緒行くか!

(女)いいねー、行こう♪

(男)お酒はワイン以外ね。

(女)なんでよ!笑

(男)明日、仕事の予定確認して連絡するわ

(女)りょーかい!!

 

以前行ったことがある美味しいイタリアンがある⇒久しぶりに行きたいから一緒に行こう。

ニュアンスとして、以前行ったことがあるイタリアンに行きたいから、どうせなら一緒に行こうよっている感じ。

こういった理由付け+具体的にする(イタリアンとか、カフェとか、焼き鳥とか)を組み合わせることで、何がいいのかというと、、

がっついてはいないけど、形的には誘っている。

このニュアンスを出せるからです。

これがないと、女性側も余裕のないあからさまな好意丸出しの誘い方をされると引いてしまうわけです。

 

 

もちろん、第一印象のインパクトやリアルの場面で食いつかせることができれば、どう誘ってもアポは取れます。

が、PUなんかでは、5分ぐらいでバンゲしたとか、とりあえずバンゲしたみたいなことが良くありますからね。

そういった場合は、有効に使えると思います。

 

あとは、アポが決まった後、ラリーを続けるかどうかについて。

アポが1週間後ぐらいであれば、

一切、LINEはしなくても大丈夫です。

なんら影響しません。

もちろんラリーを続けてもいいんですが、あまりガツガツした雰囲気は出さない方がいいです。

アポまで2週間ぐらい空くようなら、途中で一度、送っても良いと思います。

 

 

そして、デート後についても。

デート後、、

(男)「今日はありがとね! めっちゃ楽しかった!! また行こうね!」

みたいなLINE送ってませんか??

初回アポの後、男はすぐ女性を好きになってしまう性質があるので、こんな感じのLINEになってしまう気持ちも分かります。

が、、

初回アポ後は、こちらからLINEを送る必要はないです。

しっかりとトークで食いつかせていれば、必ず向こうから来ます。

向こうから来なければ、もうそこでアウトです。

 

最後に、このシリーズの締めくくりとして言いたいこと。

男側は相手の女性を楽しませるアーティストでなくてはならない。

ということ。

 

女性側の心理・・・

 

雰囲気あるし、モテそうー。服もオシャレ♪

この人、楽しい!  居心地がいい!

私のことを分かってくれてる!嬉しい!

褒められたりからかわれたり、もうどっちなの~??

ちょっと遊んでそうって思ってたけど、意外と深く考えてるんだなこの人・・・

他の男と違って、全然媚びてこない。。

なんか、セクシャルな話もして、手も繋がれてるし、そっちの気分になってきちゃった。。

え? もしかしてこの後?? え? そんなつもりなかった(焦)

でも、この人が強引だから・・・

 

はい!!!

こんなふうに思わせてあげられたら、あなたは立派なアーティスト。

こう思わせるにはどうしたらいいか?

これまでお伝えしたシリーズを土台として、ゲスト(女性)を最高に楽しませるアーティストを目指して、

がんばっていきましょう!!

 

 

何かご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。

トークの部分については、女性のスイッチを入れるためのセクシャルトークあたりには触れなかったので、そのあたりも知りたいという方も、コンサルにてご対応致します。(スカイプコンサルも可)

yusakamoto111@gmail.com

120%必ず返信させて頂きます。笑

 

ではでは。

 

 

 

 

 - Pick Up(ナンパ), セルフイメージ, 会話, 恋愛