「モテそうな雰囲気」や「色気」を身にまとうための3つの要素。

   

どうも、サカモトユウです。

 

だいぶ前の記事ですが、「モテそうと言われる男に共通するもの」について書かさせて頂きました。

 

読まれていない方はこちらをご覧ください。

 

「モテそう」と言われる男に共通するもの 

 

この記事では、①ファッション  ②姿勢   ③ボディランゲージの3つを挙げさせて頂きました。

個人的には、トークうんぬんよりもこの3つが死ぬほど大事だと思っています。

対女性に関しては、これが大前提だと思っています。

 

小手先のトークのテクニックをいくら磨いたって、「モテそうな雰囲気」や「色気」がなければ、勝負の土俵に上がれないですし、逆にこれがあれば、普通にお喋りしてればうまくいきます。(笑)

 

ただ前回の記事は少しざっくりだったので、今回はさらに踏み込んで、③ボディランゲージにおける重要な3つの要素をピックアップします。

 

この3つの要素は、すべてボディランゲージという括りに含まれますが、これらが「雰囲気がいいな」とか「色気がある」と相手に感じさせる正体とも言えます。

 

一部前回の記事と重なる部分もありますが、この3つの要素は、女性が男と接しているときに「無意識レベル」で察知している部分ですし、参考になると思うので、是非最後まで付き合いください。

 

 

 「表情」

表情を意識したことはありますか?

真面目に会話しているときの真顔、笑っているときの笑顔、これらは単純でいいのですが、ポイントとなるのは、それらの極端な表情ではなく、相手にモテ雰囲気、色気を感じさせる表情。

そのためには、相手を包み込むくらいの余裕と自信を持ち、可愛い妹をみるような感覚をもつと、とても良い感じになります。

軽く微笑む感じです。

相手が何かを話しているときに、「お前かわいいな」みたいな雰囲気でゆったりと聞いてあげるといいです。

 

「目」(アイコンタクト)

 

前項の「表情」とリンクしますが、アイコンタクトはとても重要です。

アイコンタクトも、前項と同様、相手の顔をおおまかに包み込むようにみる感覚です。

時々、じっと相手の黒目をみるくらいの強さもあっていいですが、それだと相手も疲れるので、大部分の時間は、おおまかに包み込むように捉える感覚。

その人の自信や余裕は、目に表れますよね。

 

 

「話し方」・「声」

 

今まで実はあまり触れなかった部分です。

なかなか文字で伝えるのは難しい部分でもあるので。

ただし、この話し方・声というのは、トーク内容なんかよりもずっと大事です。

ゆったりと、落ち着いて、そして程よい低さの声。

声質は人によって違いますが、ある程度、声の高低はコントロールできますし、ゆったりと落ち着いて話すことは可能ですよね。

 

以上が3つの要素です。

 

この3つは、僕に対して「色気があるね」と言ってくれた相手に対して、どの部分に感じたのか?を質問して得た回答のトップ3。

中でも一番多かったのは、「話し方」。

話す内容より、「話し方」なんですよ、大事なのは。

ちなみに、僕は約2年前からメンターが話す音声動画などを毎日聞いて、話し方をモデリングしています。

皆さんも、身近にいるモテる男、色気を感じる男の話し方や声をモデリングしてみてください!

 

ではでは。

 - ボディランゲージ